初老好き+好き語り 

羊たちの沈黙見ました。

レクター好きになってしまった。
知的なカニバリズム殺人鬼とは裏腹に女性の扱い方や言葉の一つ一つがとても官能的で良い。
 もとから自分は年上好きだが、ちゃんと理由がある。
人生の先輩であり年齢を重ねるごとに身に付く色々な経験値、人生の先輩としての憧れにちょっとした自分好みが備われば、私は簡単に50代でも60代でも愛せる。

レクターみたいな犯罪者が好きというのではなくただ単に「歳を上手く重ねた経験が豊富な所」が好き。

最近の作品ではチョコレート工場のウンパルンパ役のディープ・ロイ氏が好き
ロイ氏は一般でいう小人症のひと。
でも、何か引き寄せられ人を魅了させる雰囲気が好き。

でもねー私の年上好きは映画の世界ばかりだから昔の映画見て「うっひゃぁっ超好み」と思っても役者さんが既に亡くなっていたりと・・・


モノクロ時代の映画っていいよー今の時代に無いダンディーでノスタルジックな役者さんばかりで・・・
スポンサーサイト
[ 2007/09/12 02:21 ] 作品 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acorncafe.blog106.fc2.com/tb.php/56-59575c33