スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モンスターとゾンビ 

またまた図書館で返却のついでに何冊か借りてきました。
その中の一冊

「図説モンスター 映画の空想生物達」石田一

映画(映写機)が誕生した19世紀末から90年代後半までのSF怪物映画をまとめレビューしている図鑑
ボリュームは少々少ないながらも当時の特殊メイクや映像技術、観客の調査というディープな
内容もあるのでなかなか見ごたえあります。

しかし、ホラー映画と怪物映画は別物なのか

フランケンシュタインやヴァンパイアはいっぱいあるが

最近海外でも話題のJホラー文化やジェイソン、フレディは一切無い。
つかゾンビの記事はちょっとだけ有るが、ゾンビって怪物か・・・?

まぁファンタジーの世界の中ではゾンビってたしかに怪物枠だが
私が思っているゾンビは

「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」に出てくるような剣や盾を持っているゾンビじゃなくて

「ドーン・オブ・ザ・デッド」に出てくるような本当にゾンビって感じなのが好きだなぁ・・・

ゾンビ映画でウィキしたらゾンビ映画自体1930年代とけっこう遅いスタートだったんだな
まぁ、やはりゾンビの記事を書くとしたら代表としてはジョージ・A・ロメロは外せないなぁ
ゾンビの今の形を作った人とも言える方ですから。

個人的にゾンビは唸りながらヨタヨタ歩くのが好きです
あんなにヨタヨタと遅く歩いてるのになんであんなに怖いんだろう。
そして最後は鬱エンドか絶望エンドが大好き。
やはり無人島に行けば安心だろうと思い行ってみたが結局その島もゾンビだらけ・・・
というオチがもぅ非常に背筋ゾクゾクと・・・

つか同じゾンビ映画でも「バイオ」シリーズは1と2で止めておくべきだった
1はまぁゾンビがメインではないが有り
2はアンブレラとの攻防もありながらもゾンビが大量にオフィス街や街を歩いて人襲ったりと私的には当たり
余談(2の敵幹部がヘリコプターで脱出しようとしたところ先回りされたジル達に蹴り落とされヘリポートに集まってきた空腹のゾンビに囲まれる瞬間が私の中では名場面)

それが3でなんで超能力とかクローンとか・・・しかもゾンビが日中砂漠の真ん中で元気に走ってるし・・・
んでもって今月公開される「4」だが・・・

もぅゾンビじゃなくてマトリックスじゃん・・・orz
スポンサーサイト
[ 2010/09/04 16:47 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acorncafe.blog106.fc2.com/tb.php/508-2d34d75a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。