映画ファンタジー 

なんでここ近年のファンタジー映画って後半からバトル物になるんだろう・・・

正直な話ファンタジー映画は60年代~80年代前半がピークなんだよねぇ・・・

スピルバーグの代表ファンタジーで「E.T」よく上げられるけど
私の中では「ニューヨク東8番の奇跡」が一番だと思うんだけどなぁ

もぅあの年代の中では大好きなロボ宇宙人。
人々の暖かい日常に混じり人々を幸せにする作品。

最近はCSで人魚映画の「スプラッシュ」見たよ。
もぅトムハンクス若いねっ目がキラッキラしていて眩しかった・・・
人魚のイメージ通りにするのにかなり困難だったのかセットとか人魚の鰭とかが時間が経つにつれボロボロと・・・
人魚の尻尾自体も素材が・・・胸にまで乳首隠し対策しているせいか上半身のシリコンゴムがポロポロと・・・

話は甘い甘いラブロマンス。

人間と人魚のラブロマンス・・・こーゆう簡単なファンタジーが私は今欲しているんだーっっっ

スポンサーサイト
[ 2008/10/14 09:45 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acorncafe.blog106.fc2.com/tb.php/227-bbdd714c