カンフーパンダ見たよー 

カンフーパンダ見に行ったよー

基本外国の映画は絶対字幕主義なので前日に字幕のカンフーパンダ上映している所探したんですが。
梅田の映画館ほとんど吹き替えばかり・・・

昼前に見たかったから何とか探しましたが・・・toho映画館がよかったのになぁ・・・
と、思いながら梅田のちょいと古い映画館に行きました。

なんで日本って字幕と吹き替えが平行線じゃないんだろう

感想。
もとアンチ3Dアニメ派でした。
あの頃始めてみたアニメがトランスコンボイの3Dで「うぇっ変なアニメ」と見ていませんでしたが
認め始めたのがピクサーの「トイ・ストーリー」これが火付けとなり

「こんなアニメもまぁいいんじゃない」

と思い始めドリームワークスは「シュレック」シリーズが大好きだったので見に行きました

あーやっぱり3Dだと不可能無いなぁと実感。毛の一本一本がフワフワで光のなかのホコリまで再現している。
アニメにしたら本気ありすぎだろドリームワークス

映画の内容はカンフー映画の中では王道。
キャラクターの個性が強いのでアッサリした内容も派手に見えて逆にそれがイイ

キャラの中でもパンダのポーも可愛いけど
猫科の動物タイガーが可愛かったぁ、声優のアンジェリーナこの時はおなかポッコリしてたのによくあんな演技できたなぁ・・・

けっこうスッキリする映画で帰りにタイガー人形買ってしまいました。

ここからは色々語り
 
 3D映画って全部が全部個性の戦いなんだよねー。
最初はピクサーが映画にして興行成績がすごかったのんですけどね・・・Mrインクレディブルで終わったかなぁ・・・
あのあたりからディズ●ーに吸収されちゃったからね。
その後のピクサーは正直パッとしない「チキンリトル」「カーズ」「レニーのおいしいレストラン」個性はあるんだけど昔みたいな毒っ気がなくなった・・・

と、ここで現れたのがドリームワークス。
ともかく奇抜な個性がありすぎるwww「シュレック」なんか毒っ気たっぷりで好きだなぁ・・・

さて今後の3Dアニメ映画は12月にピクサーから公開するロボットアニメですがこれはちょっと気になる。
アメリカではもぅ公開しているので内容はこんな感じ

内容

 今から何百年後の破滅した地球でゴミの廃棄処分をするロボが主人公
ロボは毎日ゴミを廃棄しながら昔みたいな緑いっぱいの地球を憧れ目指している(ちなみに地球は環境汚染と砂漠化で破滅)
そんな中宇宙からの衛星から地球調査にきた近未来ロボに一目ぼれ(クリオネっぽいデザイン)

今まで無機質な生活の中から生まれるはずの無い心と感情。
彼女に熱烈なアプローチ、最初は戸惑っていた彼女も何か機会の体に変化が・・・

こんな感じ。
声優はたったの二人(現情報では)
ロボットの声は皆合成機械ソフトでしています

しかもその声担当がスターウォーズのアールツー・ディーツーを担当した方(もぅ嬉しくて仕方ない)

タチコマみたいな自我とゴーストを持ち出したロボの壮大なお話。どうなることやら

以上
スポンサーサイト
[ 2008/07/31 03:53 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acorncafe.blog106.fc2.com/tb.php/178-a81bee88